福祉の過去から現代までの歴史

介護、福祉の現代のイメージとして強いのは自宅でのサービスが多いと思います。ですが数年前では自宅でのサービスなどは少なく、自宅の場合は息子や孫の代の方が介護をしていたと思います。やはり、施設に預ける事に抵抗がある方や、離れ離れに暮らしたくない方などの意見などもあってこういった施設介護から現代に至る住宅介護サービスへと派生していったのではないかと思います。こういった歴史の中最近ではデイサービスという介護形態が主体になってきています。家から施設に移動して、散歩や他の方達との会話を楽しみまた家に帰宅するという仕組みになっています。家族の方が仕事にいっている時間はそこで過ごし、家族の方が帰宅する時間に家に帰る事で家族同士のコミュニケーションも取れ、自宅で1人でいる時などの事故を未然に防ぐ事もできる活気的な形態だと思います。こういった形態が生まれたのも福祉の長い歴史の中でより豊かに過ごせるかを考えた結果なのでしょう。

none

最新投稿

  • 日本の福祉の歴史は長い

    日本の福祉は厚生労働省が所轄しています。福祉の歴史としては長く、明治時代からあったと言われ、大正時代 …

    続きを読む...

  • 日本での福祉の歴史について

    日本では福祉という言葉よりも奉仕や施しという仏教的な言葉で人のために生きていた人が多くいます。福祉と …

    続きを読む...

  • 福祉の歴史に関して調べる

    福祉の歴史は日本では明治時代にはじまりましたが、当時は弱者を助けてあげるんだという風潮が強い現代とは …

    続きを読む...

  • アメリカ社会保障法成立

    1929年の世界大恐慌によって、大量の失業者が発生し国民の生活を直撃しました。このような状況に対し当 …

    続きを読む...

お知らせ